支援対象者と運営体制

通常、他施設の支援対象は当事者のみです。職員は過去に依存症に苦しんだ経験をもつスタッフ(リカバリング・スタッフ)によって運営されています。

セルフ・サポート研究所ではベテランの臨床心理士が中心となり、弁護士やドクターと連携を取りながら当事者と家族の回復をサポートしています。また、同じ立場で依存症の苦しみを理解できるリカバリング・スタッフも常駐しているため、強力なサポート体制が整っています。

他施設との違い① 他施設との違い①

 

家族の変化から当事者を治療につなげる機関

家族支援の特徴としては、質の高いカウンセリングと、依存症の回復に欠かせない情報を家族教育プログラムで提供している点です。

「回復の流れ」のページでも説明しましたが、家族が集中してカウンセリングと家族教育プログラムを受けることによって、家族自身が変化し、その変化をもって当事者を治療につなげていきます。

家族と当事者、両方が学ぶ体制が整っている

多くの施設では当事者向けプログラムは提供していますが、家族が学べるプログラムまで用意しているところは少ないのが現状です。

セルフ・サポート研究所では家族のプログラムと当事者のプログラムが充実しています。また家族と当事者が合同で受けるプログラムがあるのも大きな特徴です。

普段なかなか聞くことの出来ない、お互いの気持ち(当事者の思いや家族の本音)を知ることができるため、当事者にとっても家族にとっても合同で受けるプログラムは回復に欠かせないプログラムとなっています。

合同カウンセリングで回復のイメージを共有

家族や当事者に対して個別のカウンセリングを提供しているのも大きな特徴の一つですが、そのなかでも当事者と家族の合同カウンセリングをおこなっている点はセルフ・サポート研究所の大きな特徴です。

合同カウンセリングは、当事者の段階に合わせて、様々な目的でおこなわれ、当事者が治療につながったときや、金銭的な支援をどうしていくか、社会復帰はどのような形でしていくのかなど、大事な節目で回復のイメージを家族全体で共有していきます。

当事者への直接介入(インタベンション)について

セルフ・サポート研究所では直接介入(インタベンションなど)はおこなっておりません。

直接介入とは
日本でおこなわれている直接介入の多くは、困った家族の代わりに施設の人が当事者に会い、施設に入るか家を出て行くかの選択を当事者に問うという方法でおこなわれています。

当事者が納得しないまま家族から引き離されるケースが多いため、当事者と家族間の信頼関係が崩壊し、再構築に長い時間がかかります。また、当事者が施設に行くと言った場合、目の前から本人がいなくなるので一見問題が解決したようにみえますが、この状況は「当事者の回復」と言う視点から見ると多くのデメリットがあります。

直接介入によって起きがちなこと

  • 突然の第三者の登場で、当事者と家族の信頼関係が崩れてしまうことが多い
  • 目の前から本人がいなくなるだけで、家族が抱える根本的な問題は解決しない
  • 家族が自ら対応するすべを知らないので、家族と施設の依存関係が生まれやすい
  • 入寮・退寮を繰り返す、施設を転々とするなど、回復が長期化するケースが多い

こうした理由からセルフ・サポート研究所では直接介入をおこなっておりません。当事者の意思を尊重せず無理に介入してしまうと家族間に遺恨が残ります。「回復の流れ」にもあるように、セルフ・サポート研究所では当事者自らの選択で治療につながることを目指しています。

 

お問い合わせ先

ひとりで悩まずにまずは私たちにご相談下さい。
経験豊富なスタッフが丁寧にお話を聞かせていただきます。

無理な勧誘や営業的なことは一切いたしませんのでどうぞ安心してご連絡ください。

 icon-phone-square 依存症相談 03-3683-3231
 icon-clock-o 火曜〜土曜 9:30〜18:30

家族の働きかけで当事者を治療につなげていきましょう

当事者の回復には次のことが欠かせません。

家族が依存症の正しい知識を学ぶこと
家族が当事者に対する適切な対応を学ぶこと

家族の薬物・アルコール・ギャンブルなどの依存症に対し、どのような対応ができるかを学ぶためのハンドブックを無料でダウンロードできます。