僧侶と虎

薬物・ギャンブル・アルコール依存症でお困りの方、そのご家族を勇気づけるためのブログ画像。

~依存症者と家族を勇気づける言葉~
『僧侶と虎』

僧侶と虎

あるお坊さんが座禅をしていました。そこへ2匹の虎が襲いかかってきました。
お坊さんは食べられるのは絶対に嫌だと思って、死に物狂いで逃げました。
逃げて、逃げて気がついたら絶壁の崖っぷちに立っていました。
喰われるのか、崖から飛び降りるのかを考え、意を決して崖から飛び降りることを選択して飛び降りました。

すると、なんと木の枝に引っかかったのです。これはもしかしたら助かるかもしれないと思っていると、枝の先でネズミが木いちごを食べているのが見えました。
それを見てお坊さんは「ああ、あの木いちごが食べたいなぁ」と考えました。
ところが、ふと下を見てみると下にも虎がいるではありませんか。
「ああ、私はやっぱり虎に喰われる運命なのか、それなら木いちごを食べて死のう」と覚悟を決めました。
と、その瞬間、昔木いちごをくれた人のことを思い出しました。

そういえば、あの人は病気で今にも死にそうだったなぁ。
それなのに、まだ見舞いに行くこともできていなかった。約束をしていたのに・・・」
と考えているうちに、木いちごのことなどすっかり忘れて
「あの人を見舞わなければ、約束を果たさなければ」という思いに駆られました。
するとその途端、枝が折れて崖の下にズドンと落ちてしまいました。
ものすごい音がして、びっくりした虎は飛び去りました。

お坊さんはもう虎のことなどすっかり忘れて、一刻も早くあの人を見舞わなければ、という思いで毅然として歩き出しました。そうしたら、その威風堂々とした姿に虎のほうがすっかり怖気づいてしまい、もう近寄ってきませんでした。

 

お問い合わせ先

ひとりで悩まずにまずは私たちにご相談下さい。

家族は被害者でも加害者でもありません。支援者です。
私たちは依存症の当事者とその家族の方を応援しています。

経験豊富なスタッフが丁寧にお話を聞かせていただきます。

 icon-phone-square 依存症相談 03-3683-3231


 icon-clock-o 営業時間:火曜〜土曜 9:30〜18:30
※定休日(日・月)のカウンセリング応相談

家族の働きかけで当事者を治療につなげていきましょう

当事者の回復には次のことが欠かせません。

家族が依存症の正しい知識を学ぶこと
家族が当事者に対する適切な対応を学ぶこと

家族の薬物・アルコール・ギャンブルなどの依存症に対し、どのような対応ができるかを学ぶためのハンドブックを無料でダウンロードできます。