三尺橋の譬え

薬物・ギャンブル・アルコール依存症でお困りの方、そのご家族を勇気づけるためのブログ画像。

~依存症者と家族を勇気づける言葉~
『三尺橋の譬え』

三尺橋の譬え

ある人が極楽と地獄を見学に行きました。まず地獄に行きましたが、地獄には閻魔様がいて、鬼や魑魅魍魎のたぐいがいると昔から言われているので、おそるおそるのぞいてみると、そこに住む人は私達と何一つ変わらない普通の人の姿でした。食事時も普通にやってきます。
その食事を食べるには一つだけルールがあり、それは、三尺の箸を使わなければならないというものです。
三尺とは箸の長い様を言ったもので、実際には2メートルにもなる長い箸です。
食事時にごちそうが運ばれると、そこの住人は他人に取られてなるものかと、ごちそうめがけて我先に群がります。しかし、2メートルのお箸は長すぎて誰一人として自分の口に入れられません。
しまいには他人がつまんだ食べ物を横取りしようとする者が現れ、「それは俺のごちそうだ!」とばかりにそこいら中でけんかが始まり、結局誰一人として食べることができなかったのです。

次に極楽に行ってみますと、そこにいる住人も私達と同じ姿です。
同じ様に、ごちそうが運ばれてきました。極楽もやはり2メートルもある長いお箸で食べるのですが、ここからが違います。
手前の人がごちそうを箸でつまむと向かいの人の口に運ぶのです。
皆さんそうして食事を楽しみ満足し、お互いにありがとうございましたと言います。
これを見るに姿は私達と同じなのに、地獄にもいれば、極楽にもいます。
違うのは一人一人の心の中に協調の心があると、そこが極楽の世界になるという教えでございます。

 

お問い合わせ先

ひとりで悩まずにまずは私たちにご相談下さい。

家族は被害者でも加害者でもありません。支援者です。
私たちは依存症の当事者とその家族の方を応援しています。

経験豊富なスタッフが丁寧にお話を聞かせていただきます。

 icon-phone-square 依存症相談 03-3683-3231


 icon-clock-o 営業時間:火曜〜土曜 9:30〜18:30
※定休日(日・月)のカウンセリング応相談

家族の働きかけで当事者を治療につなげていきましょう

当事者の回復には次のことが欠かせません。

家族が依存症の正しい知識を学ぶこと
家族が当事者に対する適切な対応を学ぶこと

家族の薬物・アルコール・ギャンブルなどの依存症に対し、どのような対応ができるかを学ぶためのハンドブックを無料でダウンロードできます。