無財の七施(むざいのななせ)

~依存症者と家族を勇気づける言葉~
『無財の七施(むざいのななせ)』

無財の七施(むざいのななせ)

六波羅蜜の一番目が布施。
お金がなくても、物がなくても周りの人に喜んでいただける方法のこと。

・眼施(げんせ)・・・暖かい眼差しで接する
・和顔悦色施(わげんえっしょくせ)・・・明るい笑顔、優しい微笑をたたえた笑顔で人に接する
・言辞施(ごんじせ)・・・心からの優しい言葉をかけていく
・身施(しんせ)・・・肉体を使って人のため、社会のために働くこと。無料奉仕
・心施(しんせ)・・・「ありがとう」「すみません」などの感謝の言葉を述べる
・床座施(しょうざせ)・・・場所や席を譲り合う。譲り合いの心
・房舎施(ぼうしゃせ)・・・訪ねてくる人があれば一宿一飯の施しを与え、労をねぎらう

 

お問い合わせ先

ひとりで悩まずにまずは私たちにご相談下さい。

家族は被害者でも加害者でもありません。支援者です。
私たちは依存症の当事者とその家族の方を応援しています。

経験豊富なスタッフが丁寧にお話を聞かせていただきます。

 icon-phone-square 依存症相談 03-3683-3231


 icon-clock-o 営業時間:火曜〜土曜 9:30〜18:30
※定休日(日・月)のカウンセリング応相談

家族の働きかけで当事者を治療につなげていきましょう

当事者の回復には次のことが欠かせません。

家族が依存症の正しい知識を学ぶこと
家族が当事者に対する適切な対応を学ぶこと

家族の薬物・アルコール・ギャンブルなどの依存症に対し、どのような対応ができるかを学ぶためのハンドブックを無料でダウンロードできます。