貪瞋痴(とんじんち)の三毒

~依存症者と家族を勇気づける言葉~
『貪瞋痴(とんじんち)の三毒』

貪瞋痴(とんじんち)の三毒

数ある煩悩の中で「貪りの心」「怒りの心」「愚痴の心」の三つを、人間をいちばん苦しめる毒薬という意味で「三毒」とよんでいる。
*仏教では「怒り」を「瞋り」の字で書く

「貪(むさぼ)りの心」とは、
自分の好きなものに執着し、欲のために心が病気になることである。白隠禅師の歌に、「知者も善者も浮き世を見るに色と金には皆迷う」とあるように、色と金に迷う人が一番多いようであるが、「欲を心から離れてみやれ 何がなくとも充分じゃ」となりたいものである。

「怒りの心」とは、
自分の嫌いなものに対して反発したり腹を立てたりする心をいう。怒りの心が、どのくらい自分自身を苦しめるかは、喧嘩をした時の不愉快さを思い出してみればよく分かる。さらに怒りがこり固まって恨みとなると、かなり重症である。怒りは人を損なうことが大きいけれども、反省して改めれば比較的退治しやすい煩悩と言われ、怒りの病に対しては「忍」が治療法である。忍とはひたすら耐え忍ぶといった消極的なことではなく、自分の気に入らないことがあっても腹を立てずに冷静に対処できる積極的な心のことである。

「愚痴の心」とは、
「道理をわきまえない愚かな心」
と説明されている。全てのことを自分の思い通りにしたい、
自分だけは年を取らず病気にならずいつまでも生きていたい、
好きな人とだけお付き合いして嫌いな人は顔も見たくない、というわがままな心のことである。
この愚痴の心は「無明」とも呼ばれ、迷いの心の根源とされる。

お問い合わせ先

ひとりで悩まずにまずは私たちにご相談下さい。

家族は被害者でも加害者でもありません。支援者です。
私たちは依存症の当事者とその家族の方を応援しています。

経験豊富なスタッフが丁寧にお話を聞かせていただきます。

 icon-phone-square 依存症相談 03-3683-3231


 icon-clock-o 営業時間:火曜〜土曜 9:30〜18:30
※定休日(日・月)のカウンセリング応相談

家族の働きかけで当事者を治療につなげていきましょう

当事者の回復には次のことが欠かせません。

家族が依存症の正しい知識を学ぶこと
家族が当事者に対する適切な対応を学ぶこと

家族の薬物・アルコール・ギャンブルなどの依存症に対し、どのような対応ができるかを学ぶためのハンドブックを無料でダウンロードできます。