水を汲みだしたならば 舟は軽やかに進むであろう

~依存症者と家族を勇気づける言葉~
『水を汲みだしたならば 舟は軽やかに進むであろう』

水を汲みだしたならば 舟は軽やかに進むであろう

たとえば、遊園地の池に浮かんでいるような手こぎの子舟があるとする。
この舟の中に水が一杯たまっていると、重くて漕いでもなかなか進んでくれないが水をきれいにくみ出してしまうと軽やかに進むことができる。
それと同じように、私たちの心の中が水びたしになっていると、冷たく重苦しくて仕方がないが、水をくみ出してしまえば軽やかにのびのびと生きていく事ができる。
心の中に何もないのが心の一番理想的な状態だからであり、何もない心のことを「無心」という。この心の中にたまった水のことを仏教では煩悩(ぼんのう)と呼んでいる。
人間には百八ツの煩悩があると言われている。

お釈迦様

お問い合わせ先

ひとりで悩まずにまずは私たちにご相談下さい。

家族は被害者でも加害者でもありません。支援者です。
私たちは依存症の当事者とその家族の方を応援しています。

経験豊富なスタッフが丁寧にお話を聞かせていただきます。

 icon-phone-square 依存症相談 03-3683-3231


 icon-clock-o 営業時間:火曜〜土曜 9:30〜18:30
※定休日(日・月)のカウンセリング応相談

家族の働きかけで当事者を治療につなげていきましょう

当事者の回復には次のことが欠かせません。

家族が依存症の正しい知識を学ぶこと
家族が当事者に対する適切な対応を学ぶこと

家族の薬物・アルコール・ギャンブルなどの依存症に対し、どのような対応ができるかを学ぶためのハンドブックを無料でダウンロードできます。