雨ニモ負ケズ

~依存症者と家族を勇気づける言葉~
『雨ニモ負ケズ』

雨ニモ負ケズ

 

雨にも負けず 風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫な体を持ち

慾は無く 決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と 味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることに自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり そして忘れず

野原の松の林の陰の 小さな藁ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば 行って看病してやり

西に疲れた母あれば 行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば 行って怖がらなくてもいいと言い

北に喧嘩や訴訟があれば つまらないからやめろと言い

日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにデクノボーと呼ばれ 褒められもせず 苦にもされず

そういうものに 私はなりたい

宮沢賢治

お問い合わせ先

ひとりで悩まずにまずは私たちにご相談下さい。

家族は被害者でも加害者でもありません。支援者です。
私たちは依存症の当事者とその家族の方を応援しています。

経験豊富なスタッフが丁寧にお話を聞かせていただきます。

 icon-phone-square 依存症相談 03-3683-3231


 icon-clock-o 営業時間:火曜〜土曜 9:30〜18:30
※定休日(日・月)のカウンセリング応相談

家族の働きかけで当事者を治療につなげていきましょう

当事者の回復には次のことが欠かせません。

家族が依存症の正しい知識を学ぶこと
家族が当事者に対する適切な対応を学ぶこと

家族の薬物・アルコール・ギャンブルなどの依存症に対し、どのような対応ができるかを学ぶためのハンドブックを無料でダウンロードできます。