地球/母なる星

~依存症者と家族を勇気づける言葉~
『地球/母なる星』

地球/母なる星

 

宇宙に行った人は誰でも知っている。行く前は地球を離れた世界はどんなだろうと憧れる。
しかし、行ってみると、その魅力はすぐに消え失せる。
宇宙の深渕は、退屈になるほど一様な暗黒だ。私たちの注意を引き付けるのは、その暗黒ではない。
暗黒の中で青い光輝に包まれて浮かぶ地球なのだ。不意に私たちは、今まで経験したことのない気持ちで胸がいっぱいになる。「私は地球の住人なのだ」としみじみ感じる。 

(アリョーグ・マカロフ/旧ソビエト軍)

最初の1日か2日は、みんなが自分の国を指していた。3日目、4日目は、それぞれ自分の大陸を指さした。5日目には、私たちの念頭にはたった1つの地球しかなかった。

(スルタン・ビン・サルマン・ビン・アブドゥルアズィーズ・アル・サウード/サウジアラビア)

宇宙から地球を見ていると、この地球に生まれて死んでいった人々、これから生まれる人々を想う。そして自分はその無数の人間の1人であると改めて思う。次に考えるのは私たちの存在は何か?ということであり、短い生を精一杯楽しみ、かつ十分に他と分かち合って生きるにはどうしたらよいか?ということである。

(ロドルフォ・ネリ=ヴェラ/メキシコ)

飛び立つ前から、地球がどんなに小さくて壊れ易いものであるか、私には判っていた。しかし、宇宙から地球を見て、その例えようもない美しさと、脆さをこの目で見たとき、地球を未来の世代のために、慈しみ守ることこそ、人類の最も緊急な課題であると私は初めて痛感した。

(ジークムント・ヴァルナ―・パウル・イェーン/旧東ドイツ)

~宇宙飛行士が見た地球の荘厳と宇宙の神秘~より抜粋

 

お問い合わせ先

ひとりで悩まずにまずは私たちにご相談下さい。

家族は被害者でも加害者でもありません。支援者です。
私たちは依存症の当事者とその家族の方を応援しています。

経験豊富なスタッフが丁寧にお話を聞かせていただきます。

 icon-phone-square 依存症相談 03-3683-3231


 icon-clock-o 営業時間:火曜〜土曜 9:30〜18:30
※定休日(日・月)のカウンセリング応相談

家族の働きかけで当事者を治療につなげていきましょう

当事者の回復には次のことが欠かせません。

家族が依存症の正しい知識を学ぶこと
家族が当事者に対する適切な対応を学ぶこと

家族の薬物・アルコール・ギャンブルなどの依存症に対し、どのような対応ができるかを学ぶためのハンドブックを無料でダウンロードできます。